糖尿病はどんな病気?

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気です。糖尿病はインスリン作用の不足に基づく慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。

健常者では、空腹時の血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)は110mgdl以下であり、食事をして血糖値が上昇しても、膵臓のβ細胞からインスリンが分泌され2時間もすると空腹時のレベルに戻ります。インスリン分泌低下あるいはインスリン抵抗性を来すと、食後の血糖値が上昇し、次第に空腹時の血糖値も上昇してきます。

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。日本では、男性では約6人に1人、女性では約11人に1人が2型糖尿病にかかっている疑いがあります(厚生労働省より)。

1型糖尿病(インスリン依存型)は自己免疫疾患などが原因で発症します。インスリン分泌細胞が破壊されインスリンの産生が欠如してしまうため、発症すると継続的にインスリンの自己注射が必要となります。

2型糖尿病(インスリン非依存型)は、遺伝的要因や過食・運動不足などの乱れた生活習慣など様々な要因が原因で発症します。発症初期の場合、生活習慣の改善等で軽快することもありますが、悪化するにつれ内服や、インスリン自己注射の治療が必要となります。しかし、日常から生活習慣に気をつければ予防できうる病気です。