糖尿病の種類って、何でしょうか?

糖尿病は、血液の中のブドウ糖の濃度が高い状態が続く病気です。血糖の濃度が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気につながています。糖尿病は大体四つのタイプに分けられています。1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝子の異常が原因となる糖尿病、妊娠糖尿病四つがあり、今回で糖尿病の種類を詳しくご紹介します。

1型糖尿病

膵臓がインスリンをほとんど、あるいは全く作らないために体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病です。若年性糖尿病や小児糖尿病と呼ばれることも多いです、最近では子供の2型糖尿病も増えてきているから、やはり1型糖尿病と呼ぶ方が適切だと思います。

2型糖尿病

インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病があります。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いです。日本での95%のタイプは2型糖尿病です。

遺伝子の異常が原因となる糖尿病

遺伝子の異常や肝臓、すい臓の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって引き起こされる糖尿病があります。また、薬品が原因となる場合もあります。

妊娠糖尿病

妊娠時に現れる糖尿病。新生児に合併症が出ることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です