糖尿病について|糖尿病の発病原因・症状・予防方法

糖尿病はどんな病気でしょうか。当サイトでは、糖尿病についてご紹介いたします。糖尿病の発病原因、症状、予防方法についての詳しい情報が全部ありますので、糖尿病について深く了解したい方はぜひご参考になってください。

まずは、糖尿病の定義から了解しましょう。糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。でんぷんなどの糖質(炭水化物)は、私たちの生命を維持する栄養素として最も大切なものの1つです。糖質は消化されてブドウ糖(グルコース)となり、血液中から全身の細胞に取り込まれて、主なエネルギー源として利用されます。

健康な人の場合、血糖値は「インスリン」やインスリンと逆の働きをもつホルモンのバランスにより、一定の範囲内にコントロールされています。そのため、食事や運動をしても血糖値が極端に変動することはないのです。

糖尿病は突然に体に影響がないですが、放置すると体に様々な影響をもたらします。それから、糖尿病の発病原因について了解しましょう。

「糖代謝」について分かりやすく言うと、糖分(ブドウ糖)を細胞の中にきちんと取り込んで、細胞はそれをエネルギーに変えて消費するという、体の自然なしくみです。この糖代謝が正常に働かなくなっているのが、ざっくり言って糖尿病の実体なんです。

だから、糖尿病は糖代謝が異常だからとは言えるでしょう。

次は、糖尿病の症状を了解しましょう。

主に以下のような症状があります:

  •  普段よりのどが渇く
  •  頻尿
  •  急激な体重減少
  •  疲れがひどい
  •  視覚障害があり、目がかすむ
  •  尿に糖が出る(尿糖)
  •  尿の泡立ちがなかなか消えない
  •  立ちくらみ

糖尿病の初期症状は、痛みなどの自覚症状がないため、治療が必要といわれていても治療を受けない人が多いです。

実は、糖尿病の一番の問題は合併症です。糖尿病による腎臓障害(糖尿病性腎症)で人工透析を始める人も多く、また糖尿病が原因の視覚障害(糖尿病網膜症)や神経障害(糖尿病性神経障害)が発生することもあります。

では糖尿病を予防するために、何をしたらいいですか。

まずは、食生活を見直しましょう!糖尿病の予防は、基本的には食事予防です。もともとインスリンを分泌する量が欧米人に比べて少ない日本(アジア)人が、欧米化した食生活や食事を多くとりすぎれば、糖分の処理が追いつかなくなり、血糖値は上がりっぱなしになります。だから、毎日必要以上のカロリーを取らないことは糖尿病予防の重点となります。

他の医薬品をご紹介!

レビトラは2004年に日本で認可された世界で二番目ED治療薬。最初のバイアグラと最大な違うところは食事の影響を受けにくいということです。

シアリスは2003年にイーライリリー?アンド?カンパニーから発売され、2007年には日本でも認可がされた勃起不全のED治療薬としては一番新しいタイプの物になります。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社から発売され、翌年に初めて正式に日本での認可された最も歴史があるのED治療薬です